コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クメール・ルージュ Khmer Rouge

翻訳|Khmer Rouge

世界大百科事典 第2版の解説

クメール・ルージュ【Khmer Rouge】

フランス語で〈赤いクメール(の人たち)〉の意味。反仏容共派から共産党までのカンボジアの左翼の総称。狭義にはカンボジア共産党を指す。ベトミン系のクメール抵抗派の流れをくむ人民党は,その一部が1960年結成のサンクム(人民社会主義共同体)に参画し,サンクム左派を形成したが,サンクムを指導するシアヌークに弾圧され,67年から地下活動に入った。70年にロンノルによるクーデタでシアヌークが解任されると,直ちにシアヌークと結んでカンプチア民族統一戦線を結成し,国内闘争を展開,75年に首都プノンペンに入城した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クメール・ルージュの関連キーワード虐殺政権からの解放の日アンコールワット遺跡ノロドム シアヌーククメール・ルージュキュー・サムファンシアヌーク国王カンボジア紛争ヘン・サムリンポル・ポト派ポル・ポトシム・バルフン・センポルポトコッコン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クメール・ルージュの関連情報