コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアヌーク Norodom Sihanouk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シアヌーク
Norodom Sihanouk

[生]1922.10.31. カンボジア,プノンペン
[没]2012.10.15. 中国,北京
カンボジアの王族政治家。フルネーム Preah Bat Samdech Preah Norodom Sihanouk。王在位(1941~55,1993~2004)。カンボジアの首相,国家元首,大統領を務め,ベトナム戦争カンボジア内戦で中立主義を推進した。ノロドム王家の出身で,1941年王位につき 1953年のカンボジア完全独立を実現した。1955年父に譲位し,人民社会主義共同体サンクムを結成,首相兼外務大臣としてカンボジアの中立主義を推進したが,1970年親米派のロン・ノル国防大臣のクーデターによって国家元首の地位を追われた。同 1970年亡命先の中国北京で王国民族連合政府を樹立,赤いクメールポル・ポト派),インドシナの解放勢力と連携し反米救国闘争に加わった。1975年赤いクメールによる全土制圧に伴い帰国したが,1976年同派が共産国家「民主カンプチア」を宣言するに及んでこれと離反。1978年末ベトナム軍がカンボジアに侵攻,傀儡のヘン・サムリン政権が樹立されると 1981年フンシンペック党を結成して対抗,翌 1982年に赤いクメール,ソン・サン派とともに反ベトナム=反ヘン・サムリン派の「民主カンプチア連合政府」(3派連合)を結成,大統領に就任した。1987年末ヘン・サムリン政権のフン・セン首相との直接対話を実現,内戦の政治的解決への端緒を開いた。1990年フンシンペック党の指導権を息子ラナリットに譲り,無派閥の議長に就任。1993年6月の制憲議会で国家元首に選出され,7月カンボジア暫定国民政府が発足,9月24日には新憲法に基づき,新生カンボジアの初代国王に即位した。2004年10月7日に退位を表明,10月29日に息子のシハモニが後を継いで即位した。(→カンボジア史

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シアヌーク(Norodom Sihanouk)

[1922~2012]カンボジアの政治家。1941年、国王に即位し、1955年に譲位。その後、首相・国家元首を歴任。クーデターによって王制が中断した1970年以降は、亡命と帰国とを繰り返しながら、カンボジアの民主解放闘争を指導。1993年に再び王位につき、2004年に子のシハモニに譲位。シハヌーク。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

シアヌーク

カンボジアの政治家。フランスに推されて1941年カンボジア国王に即位,1953年フランスからの独立を達成した。1955年王位を父スラマリットに譲り,人民社会主義共同体(サンクム)を結成,総裁となり,総選挙で勝って首相となる。
→関連項目ヘン・サムリン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シアヌーク【Norodom Sihanouk】

1922‐
カンボジアの国王,政治家。カンボジアの二大王家(ノロドム家とシソワット家)の血筋を引き,1941年18歳で国王に即位した。フランスからの独立を勝ち取るために先頭に立ち,国民から敬愛された。53年に独立した後,55年王位を父に譲位し,人民社会主義共同体(サンクム)を設立して総裁に就任,王制社会主義と中立政策を掲げ,現実直視の内政・外交で東西両陣営から援助を引き出し,国内建設に力をいれた。60年父王が死去してからは王位を空席にして国家元首に就任し,国政の牽引車的役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シアヌーク
しあぬーく
Norodom Sihanouk
(1922―2012)

カンボジアの王族政治家。1941年国王に即位。1945年日本占領下で独立宣言、1949年フランス連合内の独立、1953年完全独立を達成。1955年父スラマリットに王位を譲り、自らは人民社会主義共同体を結成、事実上の一党支配体制を確立した。1960年父王の死去に伴い国家元首に就任、対内的には「仏教社会主義」、対外的には非同盟路線を推進した。1970年3月外遊中にロン・ノル首相ら右派勢力のクーデターで失脚。同年5月亡命先の北京(ペキン)で左派「クメール・ルージュ」を含むカンボジア王国民族連合政府を樹立、南ベトナム解放民族戦線、ラオス愛国戦線などインドシナ解放勢力とも連携するに至る。1975年4月のプノンペン解放をみて9月帰国。1976年4月「クメール・ルージュ」の独裁強化に伴い国家元首を辞し、事実上の幽閉生活に入る。1979年1月ベトナム軍のプノンペン制圧直前に北京へ脱出、中国・北朝鮮を拠点に反ベトナム・キャンペーンを展開した。1982年7月11日ASEAN(アセアン)諸国や中国の後援を得て、「クメール・ルージュ」を含む反ベトナム三派による民主カンボジア連合政府を樹立、大統領に就任。反ベトナム三派のなかでは軍事的には最小の勢力であったが、王族指導者としてのカリスマ的人気は根強かった。しかし、健康上の理由から平壌(ピョンヤン)や北京での滞在期間が長くなった。1993年、立憲君主制のもとで国王に就任。1997年7月の政変で子息のラナリットNorodom Ranariddh(1944― )前第一首相が失脚。6人の王妃との間に14人の子供をもうけたが、7人が死去、3人が国外追放(脱出)となり、王政の存続の危機もささやかれた。2004年、国王の座を子息のシハモニNorodom Sihamoniに譲り、退位。[黒柳米司]
『友田錫・青山保訳『シアヌーク回想録――戦争……そして希望』(1980・中央公論社) ▽ミルトン・オズボーン著、小倉貞男訳『シハヌーク 悲劇のカンボジア現代史』(1996・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシアヌークの言及

【インドシナ戦争】より


【第1次インドシナ戦争】
 19世紀末以来,上記3国はフランスの植民地下にあったが,第2次大戦中は日本軍が進駐していた。1945年3月,日本軍はクーデタによってフランス勢力を倒し,かわってベトナムのバオダイ帝,カンボジアのシアヌーク王,ラオスのシー・サワン・ウォン王を擁立して独立させた。同年8月日本軍が降伏するや,ベトナムでは反日抵抗組織ベトナム独立同盟会(ベトミン)が,インドシナ共産党の主導の下に各地でバオダイ政権からの奪権闘争を行い,9月2日ベトナム民主共和国を樹立した。…

【カンボジア】より

…正称=カンボジア王国Kingdom of Cambodia 面積=18万1035km2人口(1996)=1027万人首都=プノンペンPhnom Penh(日本との時差=-2時間)主要言語=クメール語(カンボジア語)通貨=リエルRielインドシナ半島の南西隅に位置し,北海道の2倍強の面積をもつ国。カンボジアといえば,王国,敬虔な仏教徒,アンコール・ワットなどで知られていたが,1970年3月のシアヌーク元首の解任により,インドシナ戦争に大きく巻き込まれ,混乱と戦争が続き,鎖国,難民,首都プノンペンの無人化,虐殺という不可解な変事が続発した。93年,新生カンボジア王国が誕生した。…

※「シアヌーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シアヌークの関連キーワード王国民族連合政府[カンボジア]パル・ヴァンナリーレアクカンボジア最高国民評議会インドシナ人民首脳会議カンプチア民族統一戦線カンボジア内戦と日本カンプチア人民共和国ノロドム ラナリットカンボジア国民政府キュー・サムファンインドシナ人民会議クメール・ルージュラスメイ・ソプァンソン・ゴク・タンシリク・マタクシアヌーク国王コンポンチャムマタク シリクカンボジア和平ポル・ポト派

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シアヌークの関連情報