クラアラクス低地(読み)クラアラクスていち(英語表記)Kura-Araksinskaya nizmennost'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラアラクス低地
クラアラクスていち
Kura-Araksinskaya nizmennost'

アゼルバイジャン東部にある平原クラ川アラス川の下流域に広がり,東はカスピ海に面する。標高 200m以下の低地からなり,海面下の地域もある。亜熱帯気候乾燥地帯で,灌漑農業が行なわれ,冬季には牧場として利用される。綿花ブドウなどの果樹の栽培も盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android