コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クライシス・コミュニケーション クライシス コミュニケーション

1件 の用語解説(クライシス・コミュニケーションの意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

クライシス・コミュニケーション

クライシスコミュニケーション」(Crisis Communication)とは、非常事態の発生によって企業が危機的状況に直面した場合に、その被害を最小限に抑えるために行う、情報開示を基本としたコミュニケーション活動のことです。リスクマネジメントの一環として、事実関係や実施する危機管理対策の内容を各ステークホルダー(利害関係者)に迅速かつ適切に伝達するのが、クライシス・コミュニケーションの最も重要な役割です。
(2011/4/18掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クライシス・コミュニケーションの関連キーワードテレコミュニケーションコミュニケーション・チャネル人的コミュニケーション・チャネルグローバル・コミュニケーション・システムパーソナルコミュニケーションインターコミュニケーションシステムコミュニケーションギャップコミュニケーションツールディスコミュニケーションコミュニケーション・ミックス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クライシス・コミュニケーションの関連情報