コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラサオ[島] クラサオ

百科事典マイペディアの解説

クラサオ[島]【クラサオ】

2010年までオランダ領アンティルで最大だった島。キュラソー島ともいう。ベネズエラ産の原油を精製するシェル石油の精油所が1918年に設けられて以来,石油精製に依存していたが,1957年海水の淡水化装置が建設され,観光業も発展している。
→関連項目キュラソー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラサオ[島]【Curaçao】

カリブ海のオランダ領アンティルに属する島。キュラソー島とも呼ばれる。面積444km2。人口14万4097(1992)。標高が低いため降水量は年間550mm程度と少なく,植生は耐乾燥性植物が主で,独特の灌漑果樹園で栽培されるオレンジの苦い果実から造られる酒は,島名にちなむキュラソーの名で知られている。1918年,ローヤル・ダッチ・シェル社の精油所が建設されて以来,この島はアルーバ島とともにベネズエラ原油の精製・貯蔵活動にほぼ完全に依存するようになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のクラサオ[島]の言及

【アメリカ】より

…スペインは60年にイギリスの同島保有を承認した。オランダは1634年,現ベネズエラ沖のクラサオ島を占領し,海賊と密貿易の基地とした。フランスは,イギリスのジャマイカ占領の後まもなく,イスパニオラ島の西部を占拠し,カリブ海の略奪と密貿易に加わった。…

【オランダ領アンティル】より

…人口20万5000(1995)。主都はクラサオ島のウィレムスタット。15世紀末にコロンブス,オヘダ,ベスプッチにより次々と発見された。…

※「クラサオ[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クラサオ[島]の関連キーワードウィレムスタットキュラソー[島]

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android