クラスト(英語表記)crust

翻訳|crust

デジタル大辞泉の解説

パンやパイなどの皮。また、ピザの生地部分。
固い外皮。特に、動物の甲羅、地殻など。
固くなった積雪表層。ふつう、日中とけた雪が夜になって凍ってできる。風圧によってもできる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (crust) 積雪の表層が固結したもの。強風の風圧によるものや融解した雪の再凍結したもの、人間がくりかえし踏みつけてできるものなどがある。〔現代術語辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のクラストの言及

【鉛】より

…この工程でスズ,ヒ素も分離される。(3)金,銀の除去 亜鉛が鉛よりも金,銀に対する親和力が大きいことを利用して,溶融鉛中に亜鉛を投入して金,銀を吸収させ,次いでこれを鉛の融点近くまで冷却して金・銀,亜鉛の固相(クラストという)を鉛の表面につくって除去する方法で,パークスParkes法という。鉛中に残存する亜鉛は真空にして揮発除去する。…

※「クラスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラストの関連情報