コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラスト crust

翻訳|crust

デジタル大辞泉の解説

クラスト(crust)

パンやパイなどの皮。また、ピザの生地部分。
固い外皮。特に、動物の甲羅、地殻など。
固くなった積雪表層。ふつう、日中とけた雪が夜になって凍ってできる。風圧によってもできる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

クラスト【crust】

かたく凍った積雪の表層。とけた表層が再凍結してできる。また、風の圧力によってもでき、これをウインド-クラストという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のクラストの言及

【鉛】より

…この工程でスズ,ヒ素も分離される。(3)金,銀の除去 亜鉛が鉛よりも金,銀に対する親和力が大きいことを利用して,溶融鉛中に亜鉛を投入して金,銀を吸収させ,次いでこれを鉛の融点近くまで冷却して金・銀,亜鉛の固相(クラストという)を鉛の表面につくって除去する方法で,パークスParkes法という。鉛中に残存する亜鉛は真空にして揮発除去する。…

※「クラスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クラストの関連キーワードコバルト・リッチ・クラストラルス・フォン トリアーバイオペルスパーライトコバルトリッチクラストホットスポット(地学)ジーン・ジョセフ グーイントラミクルダイトイントラスパーライトイントラスパルダイトバイオペルミクライトノッキー パーカー外来性炭酸塩砕屑物フードプロセッサーバイオスパーライトバイオミクルダイトバイオスパルダイトエクストラクラストイントラミクライト盆内成炭酸塩砕屑物沖大東海嶺南方海域

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラストの関連情報