コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラビーア クラビーア〈ドイツ〉Klavier

3件 の用語解説(クラビーアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クラビーア(〈ドイツ〉Klavier)

チェンバロクラビコードピアノなど、鍵盤(けんばん)を有する弦楽器の総称。オルガンを含めていう場合もある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

クラビーア【Klavier[ドイツ]】

〈鍵〉を意味するラテン語clavisから派生した音楽用語。(1)フランスでは鍵盤楽器(オルガンハープシコードピアノなど)の鍵盤をいう。(2)ドイツではバロック時代に鍵盤楽器の総称として用いられ,もともとは特定の楽器を指すものではなかった。しかし,18世紀の後半においてはクラビコードを意味することが多く,19世紀に入るとたいていの場合,ピアノの意で用いられるようになった。【津上 智実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

クラビーア【Klavier】

鍵盤つきの弦楽器の総称。ピアノ・ハープシコードなど。現在は多くピアノをさす。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のクラビーアの言及

【ピアノ】より

…またハープシコードが爪状のプレクトラムで弦をかき鳴らす撥弦楽器であるのに対して,ピアノはハンマーで弦を打つ打弦楽器である。ハープシコードと区別するために,18世紀後半から19世紀初頭のドイツでは,ピアノをとくにハンマークラビーアHammerklavierとも呼んだ。ハープシコードではストップの操作によって音量が階段状に変化した(テラス状強弱法)のに対して,ピアノは打鍵の強さによって音量を急激にも漸次的にも自由に変えることができる。…

※「クラビーア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラビーアの関連情報