コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラビーア クラビーア 〈ドイツ〉Klavier

3件 の用語解説(クラビーアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クラビーア(〈ドイツ〉Klavier)

チェンバロクラビコードピアノなど、鍵盤(けんばん)を有する弦楽器の総称。オルガンを含めていう場合もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クラビーア【Klavier[ドイツ]】

〈鍵〉を意味するラテン語clavisから派生した音楽用語。(1)フランスでは鍵盤楽器(オルガンハープシコードピアノなど)の鍵盤をいう。(2)ドイツではバロック時代に鍵盤楽器の総称として用いられ,もともとは特定の楽器を指すものではなかった。しかし,18世紀の後半においてはクラビコードを意味することが多く,19世紀に入るとたいていの場合,ピアノの意で用いられるようになった。【津上 智実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クラビーア【Klavier】

鍵盤つきの弦楽器の総称。ピアノ・ハープシコードなど。現在は多くピアノをさす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクラビーアの言及

【ピアノ】より

…またハープシコードが爪状のプレクトラムで弦をかき鳴らす撥弦楽器であるのに対して,ピアノはハンマーで弦を打つ打弦楽器である。ハープシコードと区別するために,18世紀後半から19世紀初頭のドイツでは,ピアノをとくにハンマークラビーアHammerklavierとも呼んだ。ハープシコードではストップの操作によって音量が階段状に変化した(テラス状強弱法)のに対して,ピアノは打鍵の強さによって音量を急激にも漸次的にも自由に変えることができる。…

※「クラビーア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラビーアの関連キーワードクレド召命直観ロゴス思弁羅甸エシェリヒアコリパーセミックイタリアン・コルソ・ドッグ第3手根骨 (3rd carpal bone)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラビーアの関連情報