コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラードニ

2件 の用語解説(クラードニの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クラードニ

ドイツの物理学者。初め法律を修め,のち物理学に転向。棒や弦,板の振動を実験的に研究,固体・気体内の音の速度を測定,1787年クラードニの図形を発見。音響学の父と呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラードニ
くらーどに
Ernst Florens Friedrich Chladni
(1756―1827)

ドイツの物理学者。ウィッテンベルクの生まれ。初め法律を修めたが、のちに実験物理学に没頭した。18世紀中ごろにおける弾性体振動の研究は始められたばかりで、その方程式を出すのに、オイラーやD・ベルヌーイは一定のエネルギーの式を変分することにより成功していた。クラードニは同世紀末ごろより実験的に棒の横、縦、捩(ねじ)りの振動を研究した。また板の振動の研究において、水平に置いた板や膜が横振動をしているときに、その上に乾いた細かい砂をまくと砂はその節線の部分に集まることを発見した。これはクラードニ図形とよばれている。さらに固体および気体内の音の速度を測定し、これらの研究から低音管楽器を発明した。音響学の父とよばれている。[佐藤 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラードニの関連キーワードアボガドロエルステッドクントシュテルンハイゼンベルクフェヒナーブントヘルムホルツクーシュ統一ドイツ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone