コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリックホイール くりっくほいーる click wheel

2件 の用語解説(クリックホイールの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

クリックホイール

米国のアップル社が開発し、携帯型デジタルプレーヤーiPodシリーズの一部に搭載されている操作インターフェースの名称。2004年1月に発表された「iPod mini」から導入されている。ドーナッツ状のタッチホイール中央に円形のクリックボタンが配置された構造で、これにより片手で選曲、音量調整、画像・動画閲覧などすべての操作が行えるようになっている。13年9月26日、「クリックホイール」が特許侵害にあたるとして東京都三鷹市ソフト開発会社がアップル社を相手に100億円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は特許侵害を認め、アップル社に対し約3億3600万円の支払いを命じた。

(2013-9-30)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クリック‐ホイール(click wheel)

機器を操作する入力装置の一。円盤状のタッチホイールの中央に、クリックするためのボタンを配置したもの。米国アップル社の携帯型デジタルオーディオプレーヤー、iPodの一部に搭載されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリックホイールの関連キーワードサファリタッチホイールデジタルガジェットデジタル携帯電話デジタル万引きフェースタイムドルビーモバイルデジタルモックアップアイポッドタッチiOS

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クリックホイールの関連情報