コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリックホイール くりっくほいーるclick wheel

知恵蔵miniの解説

クリックホイール

米国のアップル社が開発し、携帯型デジタルプレーヤー「iPod」シリーズの一部に搭載されている操作インターフェースの名称。2004年1月に発表された「iPod mini」から導入されている。ドーナッツ状のタッチホイール中央に円形のクリックボタンが配置された構造で、これにより片手で選曲、音量調整、画像・動画閲覧などすべての操作が行えるようになっている。13年9月26日、「クリックホイール」が特許侵害にあたるとして東京都三鷹市のソフト開発会社がアップル社を相手に100億円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は特許侵害を認め、アップル社に対し約3億3600万円の支払いを命じた。

(2013-9-30)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

クリックホイールの関連キーワード機器

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリックホイールの関連情報