コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリュソロラス Manouēl Chrysolōras

世界大百科事典 第2版の解説

クリュソロラス【Manouēl Chrysolōras】

1350ころ‐1415
ビザンティン帝国の文人。トマス神学のビザンティン世界への紹介者キュドネス・デメトリオスの教えをうけ,カトリックに改宗。対オスマン・トルコ防衛の使節として,皇帝マヌエル2世により何回か西ヨーロッパに派遣される。1397年文芸復興の推進者コルッチオ・サルターティによりフィレンツェに招かれてギリシア語を教え,門下からブルーニポッジフィレルフォなどの人文主義者が輩出した。コンスタンツ公会議開始直後同地で死去。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クリュソロラスの関連キーワード百年戦争正平フリードリヒ1世アザンクールの戦いヨハネス(23世)(ピサ選立教皇)周期表義芳光訓トン税・ポンド税室町時代(年表)ルネサンス史(年表)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android