コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリ文化 クリぶんかKulli culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリ文化
クリぶんか
Kulli culture

パキスタン,南バルチスターンの前 3000年紀の金石併用期文化。 1927年に M.スタインの調査したコルワ地方のクリ遺跡の土器を指標とする。建物は泥煉瓦を用いている。土器は淡黄色の地に黒色で描く彩文土器轆轤 (ろくろ) を用いている。文様は中央に胴長の瘤牛や木などを描く文様帯が断絶なしに一周し,その上下に幾何学文などの帯がある。テラコッタの女性像,動物像も多く,石製容器も供伴する。メヒ遺跡の墓は火葬で,ここではインダス文明の影響もみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クリ文化の関連キーワードニンドワリ遺跡パキスタン

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android