コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルクシェトラ Kurukshetra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルクシェトラ
Kurukshetra

インド北西部,ハリヤナ州北部の町。デリーの北約 150km,豊かな穀倉地帯に位置。前 1500年にアーリア人が定住を始めた地で,『マハーバーラタ』にもクルクシェトラの地名が出ている。ヒンドゥー教の聖地で,日食時に他の聖水がすべて集ると信じられている聖浴場があり,日食の日には数十万のヒンドゥー教徒が集る。ギタバワン寺,ビルラマンディル寺など多くの寺院や,大量の大理石を用いたシェイク・チリ・ジャラール廟がある。人口8万 1275 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android