コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルクシャンク クルクシャンクCruikshank, George

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルクシャンク
Cruikshank, George

[生]1792.9.27. ロンドン
[没]1878.2.1. ロンドン
イギリスの風刺画家,挿絵画家。風刺画家 I.クルクシャンクの次男,兄も同じく風刺画家,版画家として有名。父のもとで修業し,父の死後 1811年,社会政治風刺画家として出発,雑誌『笞 (むち) 』に倫理性の強い風刺画を掲載。またナポレオンやジョージ4世に対する風刺画を描いて人気を得た。 20年代から本の挿絵を始め『グリム童話』 (1824~26) ,C.ディケンズの『オリバー・トゥイスト』 (38) ,W.スコットの小説など,挿絵を描いた本は 850冊をこえる。版画家としても活躍し『酒』 (47) ,『大酒飲みの子供たち』 (48) などの版画集を出版。晩年には『バッカスの崇拝』 (60~63,テート・ギャラリー) などの油絵も描いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クルクシャンクの関連キーワードディケンズウェート

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android