コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルディスターン州 クルディスターンKordestān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルディスターン〔州〕
クルディスターン
Kordestān

ペルシア語読みではコルデスターン。イラン北西部の州。 1961年につくられた州で,西はイラクと国境を接する。州都はサナンダージュ。西部はザグロス山脈の山地,東部は高原をなす。高原部は耕作され,主としてコムギオオムギが栽培される。西部の渓谷部は,冬季は快適だが,夏季は息苦しいほど暑く,よく灌漑されて米,トウモロコシ,綿花,タバコ,搾油用種子,果物が栽培される。また一部の渓谷は,牧草を求めて夏季に高地に移動する種族が,冬季に帰る場所として保留され,耕作されていない。住民はクルド人が大部分で,町に少数のイラン人,ユダヤ人,シリア系キリスト教徒が住む。南東部のコルベー付近の村落にはイラン人とアゼルバイジャン人が住んでいる。州の経済開発は遅れている。面積2万 7858km2。人口 107万 8415 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クルディスターン州の関連キーワードバフマン ゴバディクルディスターンサナンダジュサナンダジメディア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android