コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルト くると

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルト
くると
Ernst Kurth
(1886―1946)

スイスの音楽学者。ウィーンの生まれ。ウィーン大学でアドラーに音楽学を学び、1908年にグルックの初期のオペラに関する論文によって学位を取得する。1912年よりベルン大学で教鞭(きょうべん)をとり、27年から没するまで正教授を務めた。バッハ、ワーグナー、ブルックナーなどを個別的に扱った著作を経て、主著『音楽心理学』Musikpsychologie(1930)に集大成されるクルトの思想の核心は、音楽を人間のもつ内的エネルギーの動的展開としてとらえる点にあった。それは、音楽をエネルギー運動とみる当時の「エネルギー説」の一形態であるが、生の哲学の影響下に、音楽を人間のもつ根源的な力との関係において解明しようとした点に特色がある。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクルトの言及

【コーボルト】より

…非業の死を遂げた者の霊が特定の家に住みつき,毎日飲食を供えれば仕事の手助けを,それを怠ると意地悪や邪魔をしてしのび笑いをもらすという。地方によってさまざまな名をもち,ふつう小僧さんとしてクルトとかハインツヒェンと呼ばれたりするが,今でも仕事の速い家事手伝いのことを〈コーボルトがついている〉と言う。一説には山の精。…

※「クルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クルトの関連キーワードベルリン・コーミッシェ・オーパー管弦楽団ラファエル フリューベック・デ・ブルゴスベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団トーンキュンストラー管弦楽団リンツ・ブルックナー管弦楽団ドレスデン国立歌劇場管弦楽団フランク シェッツィングローガー・G. バーカー007私を愛したスパイペーター クレッチマーミュンヘン放送管弦楽団ネストレ・アーラントセプテンバー・ソングクラウス オガーマンジョン バーニンガムロバート シオドマクリーザ テッツナー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クルトの関連情報