クレバネット(英語表記)cravenette

大辞林 第三版の解説

本来はイギリスのクレバネット社の商標名 防水加工した布。レーンコートなどに用いる。
日本で、霜降りギャバジンまたはレーンコート用ギャバジン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薄手梳毛(そもう)織物に防水加工を施したものの商標名である。イギリスの、ブラッドフォード・アソシエーションBradford Dyer's Association Ltd.が開発したもので、普通ギャバジンに加工されるため、日本では、防水加工を施さないギャバジンまでも、クレバネットあるいはクレバとよぶこともある。組織は2/2の綾(あや)組織からなり、杢糸(もくいと)による霜降りのものと、後染めのものとがある。レインコート地や合オーバー地などに多く使われている。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (Cravanette イギリスのクレバネット社の防水毛織物の商標名から) 防水加工をした布地の総称。日本では、地のつまった霜降りギャバジン、または、レインコート用のギャバジンをさす。〔改訂増補や、此は便利だ(1918)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android