コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防水加工 ぼうすいかこう waterproof finishing

6件 の用語解説(防水加工の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防水加工
ぼうすいかこう
waterproof finishing

被服としての織物,皮革,あるいは建築材料としての紙などに加工を施し疎水性 (撥水効果) を与えること。被服の防水加工には通気加工と不通気加工,また,一時防水と永久防水とがある。不通気加工は布面にゴム,プラスチック,乾性油などを塗布する加工法で,完全防水が可能であるが,被服内部の湿度が高くなり長時間着用ができない,不衛生であるなどの問題がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぼうすい‐かこう〔バウスイ‐〕【防水加工】

[名](スル)織物・皮革・紙などに水がしみこむのを防ぐ加工を施すこと。「防水加工された靴」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

防水加工【ぼうすいかこう】

織物に水が浸透しないようにする加工。不通気性加工と通気性加工とがある。前者は疎水性のゴム,熱可塑性樹脂溶液,乳濁液などを布に噴霧,コーティング,パティングで防水フィルムを形成させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうすいかこう【防水加工 water proofing】

織物に水が浸透しないように加工すること。これは不通気性防水加工通気性防水加工とに分類される。不通気性防水加工は,臨界表面張力の低い,疎水性のゴムや熱可塑性樹脂の溶液やエマルジョンを布の片面あるいは両面に噴霧あるいはコーティングしたり,布を浴にパディングpadding(浴液に布を浸して液を吸収させ,1対のローラーの間を通して液を布に均一に浸透させること)することにより,布に強靱(きようじん)な防水フィルムを形成させる方法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぼうすいかこう【防水加工】

織物などを適当な防水剤で処理して、水の浸透を防ぐ加工を施すこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防水加工
ぼうすいかこう
waterproof finish

繊維品の表面を被覆または疎水化して水の浸透を防ぐ加工をいう。油脂、ワックス、ゴムまたは各種合成樹脂などの液またはエマルジョン(乳濁液)で繊維を処理後加熱するか、樹脂シートを布と接合するなどの方法で表面に防水被膜を形成させる加工仕上げは、不通気性加工とよばれる。これに対し織物の通気性を保持させたまま防水性を付与する方法を、通気性(撥水(はっすい))加工とよび、(1)疎水性物質を繊維表面に沈着させる、(2)化学的に結合させる、(3)きわめて薄い疎水性皮膜を表面で形成させる、などの手段がとられる。(1)に対してはアルミニウムせっけん、ジルコニウム化合物などが用いられるが、効果は一時的である。(2)の目的には長鎖脂肪族ピリジニウム塩、エチレンイミン誘導体長鎖アルキルイソシアナート、ケテンダイマーなどが用いられ、シリコーンまたはフッ素樹脂を用いる(3)の方法と同様、恒久的な防水効果が得られる。[岡原光男]

織物

以上の方法はいずれも特質と欠点をもっているが、最近ではケイ素樹脂を使うシリコーン防水法がよく使われるようになり、レインコートなどに応用されている。摩擦、洗濯による防水性の低下の少ないベラン・ゼラン防水加工法も使われている。「ベラン」VelanはイギリスICI社の、「ゼラン」Zelanはアメリカのデュポン社の防水剤につけられた商標名である。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防水加工の関連キーワード浸透圧切削加工涵養珪化防水包隠し浸透性発酵加工浸透圧調節スプレースカート

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防水加工の関連情報