コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杢糸 もくいとgrandrelle yarn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杢糸
もくいと
grandrelle yarn

飾りひねり (飾り糸) fancy yarnの一種。色の異なる2~3本の単糸をより合せて,まだらの色効果を出した糸。毛糸や綿糸に多く,手編み毛糸,霜降りサージ,カルゼ (霜降り綾織り) などに用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もくいと【杢糸 mottle yarn】

色,太さ,または張力の異なる2本以上の糸を撚(よ)り合わせて,特有の外観を与える糸を飾撚糸(かざりねんし)と呼ぶが,杢糸は飾撚糸の一つで〈からみ糸〉とも呼ばれる。太さが同じ2種または2種以上の異色の単糸を引きそろえて撚り合わせた糸であり,正確には2色のものをからみ糸,3色のものを杢糸と呼ぶが,それほど厳密に区別されていない。まだら,または霜降りのような模様に見えるのが特徴である。白と黒のような対照色で配合される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

もくし【杢糸】

刺繡ししゆうや織物に用いる、二色以上の糸をより合わせたもの。よりからみ糸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杢糸
もくいと

撚搦(よりからみ)糸ともいう。二色以上の糸を撚り合わせたもので、織物、刺しゅうなどに用いられる。織物に用いれば霜降り状となり、古く熨斗目縞(のしめじま)などにはしばしば使用されている。刺しゅう糸としては鳥獣の羽や毛並みを表したり、とくに桃山時代の縫箔(ぬいはく)ではススキやアシの穂などの表現に非常に効果的に用いられている。[山辺知行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

杢糸の関連キーワードクレバネット山辺知行小倉織セル織物

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杢糸の関連情報