コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレロン嬢 クレロンじょうClairon

世界大百科事典 第2版の解説

クレロンじょう【クレロン嬢 Clairon】

1723‐1803
フランスの悲劇女優。本名Claire Josèphe Leris de la Tude。1743‐66年コメディ・フランセーズ座員。マルモンテル,クレビヨン,ボルテールらの悲劇を初演,特にボルテール《シナの孤児》(1755)では中国風の衣装を用いるなどの改革を試みた。理知的演技で知られ,その役柄研究の一途さには,ボルテールも感嘆の言葉をおくった。《回想録》(1798)は18世紀演劇の資料として貴重。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

クレロン嬢

生年月日:1723年1月25日
フランスの悲劇女優
1803年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

クレロン嬢の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android