クレンツェ(英語表記)Klenze, Leo von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレンツェ
Klenze, Leo von

[生]1784.2.29. ハルベルシュタット
[没]1864.1.27. ミュンヘン
ドイツの建築家,考古学者。ベルリンで A.ヒルトに,パリで C.ペルシエおよび P.フォンテーヌに学ぶ。 1804年カッセルで宮廷建築家となったが,16年以後はミュンヘンに定住,もっぱらバイエルン王室のために制作した。 18年にイタリアを旅行。 34年には外交使節としてギリシアにおもむき,アテネの古代遺品を研究してドイツの考古学の創始者となった。 39年から 51年にかけてロシア皇帝アレクサンドル2世の招きでたびたびペテルブルグにおもむき,エルミタージュ美術館を建築 (1839~49) 。その他の作品としてミュンヘンのグリュプトテーク (16~31) ,ピナコテーク (26~36) ,レーゲンスブルクのワルハラー (30~42) ,プロピュレーエン (46~60) などの重要な新古典主義建築がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クレンツェ【Franz Karl Leo von Klenze】

1784‐1864
ドイツの新古典主義の建築家。パリでP.F.L.フォンテーヌとC.ペルシエに建築を学び,バイエルン国王ルートウィヒ1世の下,宮廷建築家としてミュンヘンで活躍。ルートウィヒ通りの街路計画のほか,彫刻館グリュプトテーク(1828),絵画館ピナコテーク(1836),都市門プロピュレーン(1860)などを設計し,古代の都市イメージを復活させた。またギリシアでの考古学調査を通して正確なギリシア様式復興を推進,ギリシア神殿を模したワルラハ(1860)を設計。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクレンツェの言及

【アルテ・ピナコテーク】より

…創設は1836年。バイエルン国王マクシミリアン1世が,それまで王宮や離宮にあった16世紀以来のバイエルン公の収集を一堂に集め一般公開したもので,ルートウィヒ1世の命により作られた建物は新古典主義建築の巨匠クレンツェの設計による。創建当初は王立,現在はバイエルン州立である。…

【ドイツ美術】より

…ウィンケルマンの《古代美術史》(1764)はこの風潮に思想的指針を与えた。 ドイツにおける古典主義の動向は,19世紀初頭のワインブレンナーFriedrich Weinbrenner(1766‐1826)のカールスルーエ都市設計に早くも具体化し,ベルリンのシンケルとミュンヘンのクレンツェがこれを受け継ぐ。前者の手になるベルリンのシャウシュピールハウス(旧王立劇場。…

※「クレンツェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android