コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレンネル鉱 くれんねるこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレンネル鉱
くれんねるこう
krennerite

テルル化金・銀(化学式(Au,Ag)Te2)の鉱物。コストフ鉱kostovite(CuAuTe4)の金(Au)置換体に相当するが、つねに少量の銀(Ag)を必須(ひっす)成分として含み、(Au,Ag)Te2と与えられる。AuとAgの比率は4:1~3:1程度。純粋のAuTe2はカラベラス鉱として別構造である。現在はこれらが総括されてコストフ鉱‐シルバニア鉱群となっているが、コストフ鉱‐クレンネル鉱系とカラベラス鉱‐シルバニア鉱系に2分割したほうが現状により適合している。自形は短柱状。
 浅~深熱水性金・銀・テルル鉱床中に産する。日本では青森県むつ市恐山(おそれざん)の小規模な鉱化作用の産物中にみられる。共存鉱物はカラベラス鉱、テルル水銀鉱、シルバニア鉱、ペッツ鉱、ヘッス鉱、自然テルル、自然金など。同定は自形が出ていれば、どこが結晶軸かわからないような斜方(直方)柱による。伸びの方向を切る劈開(へきかい)をもつ。色が銀白に見える結晶面とやや真鍮(しんちゅう)色を帯びる結晶面がある。ただし多くの場合、結晶面は現れず、微粒なので、面によって反射色の違いが生ずることによる同定法は使えない。命名はハンガリーの鉱物学者ヨセフ・A・クレンネルJoseph A. Krenner(1839―1920)にちなむ。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクレンネル鉱の言及

【テルル鉱物】より

…テルルはまれに元素鉱物の自然テルルとしても産するが,普通は金,銀,銅,鉛,鉄,ビスマスなどのテルル化物として産し,その鉱物の種類は非常に多い。おもなものとして針状テルル鉱sylvanite AuAgTe4,カラベラス鉱calaverite AuTe2,クレンネル鉱krennerite AuTe2,ペッツ鉱petzite(テルル金銀鉱ともいう)AuAg3Te2,ヘッス鉱hessite Ag2Te,硫テルルソウ鉛鉱tetradymite Bi2Te2S,アルタイ鉱altaite(テルル鉛鉱ともいう)PbTe,コロラドアイトcoloradoite HgTe,リッカルド鉱rickardite Cu4Te3,さらには酸化鉱物のテルル石tellurite(酸化テルル鉱ともいう)TeO2などがある。金鉱石として重要ないわゆるテルル金鉱はカラベラス鉱,クレンネル鉱,針状テルル鉱など銀を含む金のテルル化鉱物からなる鉱石で,浅‐中熱水性金銀鉱脈に自然金や他の銀鉱物とともに産する。…

※「クレンネル鉱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クレンネル鉱の関連キーワードクレンネル鉱(データノート)テルル水銀鉱カラベラス鉱テルル鉱物ペッツ鉱

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android