コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルバニア鉱 シルバニアこう sylvanite

2件 の用語解説(シルバニア鉱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シルバニア鉱
シルバニアこう
sylvanite

AgAuTe4単斜晶系。比重 8.16,硬度 1.5~2。輝金属光沢の鉱物で,鋼灰または銀灰色,条痕色も同じである。不透明で,劈開は{010}完全,断口不規則,短柱状の結晶で不完全な柱状または粒状の集合となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シルバニア鉱
しるばにあこう
sylvanite

金・銀のテルル化物。コストフ鉱Kostovite(化学式CuAuTe4)の銀置換体にあたり、両者などでコストフ鉱‐シルバニア鉱群を形成する。構成員はすべて金・銀・銅の二テルル化物である。自形は庇面(ひめん)の発達した柱状、a軸あるいはb軸方向に扁平(へんぺい)な八角形あるいは菱形(ひしがた)の輪郭をもった板状などをなす。浅~深熱水性鉱脈型金・銀鉱床の鉱石鉱物として産する。日本では浅熱水性のものとしては北海道札幌(さっぽろ)市手稲(ていね)鉱山から塊状の自然テルル中に包有されて産するものがあり、深熱水性のものとしては岩手県気仙(けせん)郡住田(すみた)町野尻(のじり)鉱山から産するものが知られている。
 共存鉱物は自然金、自然テルル、テルル鉛鉱、ヘッス鉱、ペッツ鉱、針銀鉱、黄鉄鉱、方鉛鉱、閃亜鉛鉱(せんあえんこう)、黄銅鉱、石英、蛍石(ほたるいし)、正長石などがある。同定は非常に低い硬度、一方向に完全な劈開(へきかい)、鋼灰色とも錫白(すずはく)色とも見える色調であるが、方向によって黄色味が見える。反射能が高いため、条痕(じょうこん)は一見黒く見えるが、よく見ると光沢があって白い。命名は原産地があるルーマニアのトランシルバニア地方にちなむという説と、テルルが新元素として確立される以前の別名シルバニウムsylvaniumによるという説とがある。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シルバニア鉱の関連キーワード角閃石光軸三斜晶系臭化ナトリウム双軸結晶単斜晶系緑泥石カリ長石ヒューマイト単斜晶系セレン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone