コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレーン秤 クレーンばかりcrane scale

2件 の用語解説(クレーン秤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレーン秤
クレーンばかり
crane scale

クレーンに装備して,重い荷物を吊上げ,運搬中に計量する秤。クレーンの運転中に計量するものと停止して計量するものとがあり,天井走行クレーンではおもに停止計量式,旋回走行式トランスポータでは進行中および巻上げ中計量方式,水平引込みクレーンでは巻上げ中計量方式が多く使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クレーンばかり【クレーン秤 craine scale】

クレーンで物を持ち上げ運搬している間に物の質量を計量するはかり。簡易にはクレーンのフックと物との間に〈つりばかり〉をはさむが,巻上機を載せたトロリー,あるいはクレーンワイヤに働く力を直接またはジブを介して〈てこばかり〉に負荷させるさお式とロードセルに負荷させるロードセル式とがある。クレーンの機能に制限を与えず,計量のスピード化,自動化に適したロードセル式が広く使われる。秤量は0.5~300t,精度は1~0.05%。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone