クレーン秤(読み)クレーンばかり(英語表記)crane scale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレーン秤
クレーンばかり
crane scale

クレーンに装備して,重い荷物を吊上げ,運搬中に計量する秤。クレーンの運転中に計量するものと停止して計量するものとがあり,天井走行クレーンではおもに停止計量式,旋回走行式トランスポータでは進行中および巻上げ中計量方式,水平引込みクレーンでは巻上げ中計量方式が多く使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クレーンばかり【クレーン秤 craine scale】

クレーンで物を持ち上げ運搬している間に物の質量を計量するはかり。簡易にはクレーンのフックと物との間に〈つりばかり〉をはさむが,巻上機を載せたトロリー,あるいはクレーンワイヤに働く力を直接またはジブを介して〈てこばかり〉に負荷させるさお式とロードセルに負荷させるロードセル式とがある。クレーンの機能に制限を与えず,計量のスピード化,自動化に適したロードセル式が広く使われる。秤量は0.5~300t,精度は1~0.05%。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android