コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレーン秤 クレーンばかり crane scale

2件 の用語解説(クレーン秤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレーン秤
クレーンばかり
crane scale

クレーンに装備して,重い荷物を吊上げ,運搬中に計量する秤。クレーンの運転中に計量するものと停止して計量するものとがあり,天井走行クレーンではおもに停止計量式,旋回走行式トランスポータでは進行中および巻上げ中計量方式,水平引込みクレーンでは巻上げ中計量方式が多く使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クレーンばかり【クレーン秤 craine scale】

クレーンで物を持ち上げ運搬している間に物の質量を計量するはかり。簡易にはクレーンのフックと物との間に〈つりばかり〉をはさむが,巻上機を載せたトロリー,あるいはクレーンワイヤに働く力を直接またはジブを介して〈てこばかり〉に負荷させるさお式とロードセルに負荷させるロードセル式とがある。クレーンの機能に制限を与えず,計量のスピード化,自動化に適したロードセル式が広く使われる。秤量は0.5~300t,精度は1~0.05%。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クレーン秤の関連キーワードケーブルクレーン天井クレーンクレーンゲーム操重車塔形クレーンレッカークローラークレーンホイールクレーンユニック車ラフテレーンクレーン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone