コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロカムリクラゲ クロカムリクラゲPeriphylla periphylla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロカムリクラゲ
Periphylla periphylla

刺胞動物門鉢虫綱冠クラゲ目クロカムリクラゲ科。傘は高さ 8cm,幅 4cmほどの烏帽子形で,内部は黒く,中央部より下方にある環状溝によって環部と分かれている。傘の縁には 12本の触手と 4個の感覚器がある。胃が黒いため,発光性のプランクトンを食べても光が外にもれない。また,魚が触れたりすると強烈に発光する。太平洋や日本海の深海にすみ,深層引きのプランクトンネットによく入り,採集される。(→クラゲ刺胞動物鉢虫類無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のクロカムリクラゲの言及

【クラゲ(水母)】より


[生態]
 日本ではマミズクラゲ(イラスト)が各地の池などに見られるほかはすべて海産で,海流にのって移動しながら生活している。大部分は表層近くにいるが,クロカムリクラゲPeriphylla hiacinthinaは深海にすんでいる。寒海性の種類よりは暖海性のもののほうが多い。…

※「クロカムリクラゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロカムリクラゲの関連キーワードカンムリクラゲ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android