コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感覚器 かんかくきsensory organ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

感覚器
かんかくき
sensory organ

身体の内外で起る状況の変化を刺激として受取ることのできる器官感覚神経の終末が数多く集って受容器を形成している。視覚器,平衡聴覚器,嗅覚器,味覚器,一般感覚器などに分けられる。一般感覚には,触覚痛覚などの皮膚感覚と,筋肉,腱,関節などの身体内部から起きる刺激を感じる深部感覚とがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんかくき【感覚器】

感覚を受容する器官の総称。視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚など、種々の刺激を感知する感覚細胞により構成される器官。感覚器官。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

感覚器の関連キーワード国立病院機構東京医療センターユウレイクラゲ(幽霊水母)ミズクラゲ(水水母)ビゼンクラゲ言語発達障害迷路(医学)エードリアン学習障害平衡失調予定運命体性感覚ヘンゼン感覚細胞知覚神経反射中枢脊髄後根化学感覚感覚中枢共感覚振動覚

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感覚器の関連情報