コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスキャパシター cross capacitor

世界大百科事典 第2版の解説

クロスキャパシター【cross capacitor】

1956年トムソンA.M.ThompsonとランパードD.G.Lampardによって発見された原理に基づくもので,一次元方向の長さ測定を基に,計算で求められる静電容量のことをいう。断面が図のような4本棒の電極から構成される。2と4を接地し,1‐3間の容量をC13,また1と3を接地し,2‐4間の容量をC24とし,C13C24の場合これをC0とすれば,となる。ε0は真空の誘電率,Lは長さである。1m当り約2pFとなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クロスキャパシターの関連キーワードファラドオーム誘電率

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android