クロスキャパシター(英語表記)cross capacitor

世界大百科事典 第2版の解説

クロスキャパシター【cross capacitor】

1956年トムソンA.M.ThompsonとランパードD.G.Lampardによって発見された原理に基づくもので,一次元方向の長さ測定を基に,計算で求められる静電容量のことをいう。断面が図のような4本棒の電極から構成される。2と4を接地し,1‐3間の容量をC13,また1と3を接地し,2‐4間の容量をC24とし,C13C24の場合これをC0とすれば,となる。ε0は真空の誘電率,Lは長さである。1m当り約2pFとなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android