コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスキャパシター cross capacitor

世界大百科事典 第2版の解説

クロスキャパシター【cross capacitor】

1956年トムソンA.M.ThompsonとランパードD.G.Lampardによって発見された原理に基づくもので,一次元方向の長さ測定を基に,計算で求められる静電容量のことをいう。断面が図のような4本棒の電極から構成される。2と4を接地し,1‐3間の容量をC13,また1と3を接地し,2‐4間の容量をC24とし,C13C24の場合これをC0とすれば,となる。ε0は真空の誘電率,Lは長さである。1m当り約2pFとなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

クロスキャパシターの関連キーワードファラドオーム誘電率

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android