コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスキャパシター cross capacitor

1件 の用語解説(クロスキャパシターの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クロスキャパシター【cross capacitor】

1956年トムソンA.M.ThompsonとランパードD.G.Lampardによって発見された原理に基づくもので,一次元方向の長さ測定を基に,計算で求められる静電容量のことをいう。断面が図のような4本棒の電極から構成される。2と4を接地し,1‐3間の容量をC13,また1と3を接地し,2‐4間の容量をC24とし,C13C24の場合これをC0とすれば,となる。ε0は真空の誘電率,Lは長さである。1m当り約2pFとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

クロスキャパシターの関連キーワードトヨエースSKB児童文学賞北方領土問題日ロ平和条約交渉迷路オリンピックカーダールケッコネンシニャフスキーメルボルン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone