コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロス・ボーティング cross-voting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロス・ボーティング
cross-voting

ある政党を支持する有権者が,選挙の際に自分の支持する政党の候補者に投票せずに,他の政党 (または無所属) の候補者に投票してしまうこと。この場合,支持政党以外の候補者にひかれるという,クロス・プレッシャー cross-pressureをその有権者は受けていることになる。または,下院選挙では民主党に投票し,大統領選挙では共和党に投票するような境界線を越えての投票パターンである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のクロス・ボーティングの言及

【採決】より

… 上記の意味から転じて,政治的意味で,対立関係にある二大勢力のどちらもが過半数を制しえない状態のもとで,第三党以下の小勢力が多数・少数関係の推移に決定的な役割を演ずることをも,〈キャスティング・ボートをにぎる〉という。(3)クロス・ボーティング(交錯投票) 議院における表決の際,通常は議員の所属政党いかんによって可・否の分布が分かれるが,その反対に,所属政党の別と交錯した表決となる場合をいう。アメリカの二大政党制について,各州ごとの独立性が強く〈実質上は多党制〉といわれることすらある。…

※「クロス・ボーティング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android