コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロフィブレート クロフィブレート clofibrat

2件 の用語解説(クロフィブレートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロフィブレート
クロフィブレート
clofibrat

脂質の生合成を阻害することによりアテローム性動脈硬化症の予防ないし治療に有効な薬物である。作用機序は,(1) コレステロールの合成を酢酸からメバロン酸の過程で阻害,(2) リポ蛋白リパーゼの活性化により蓄積脂肪の増加,(3) 脂肪酸脂肪組織からの血中放出抑制により肝臓でのトリグリセライド合成低下,の3つが考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

クロフィブレート

 高脂血症の治療薬.超低密度リポタンパク質の高い患者に用いる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロフィブレートの関連キーワードステロールバンコマイシンアロプリノールアンギオテンシン変換酵素阻害剤カローンコレステロール生合成ステロイド合成ナリジキシン酸メチラポン阻害指数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone