コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロマイジング chromizing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロマイジング
chromizing

耐熱金属材料の表面に,高温耐食性を目的として,クロム Crを拡散浸透させる表面処理法。一般的には,気相法と粉末法が用いられる。気相法は蒸気圧の高いハロゲン化クロムを加熱された被処理材の表面に送り,Crの析出と拡散を同時に起させる。この方法は化学蒸着 (CVD) 法の一種である。粉末法は,Cr,塩化アンモニウム ( NH4Cl ) ,アルミナ ( Al2O3 ) の粉末を均一に混合し,その中に被処理材を埋め込み,水素ガス ( H2 ) 雰囲気中で 1000℃付近の温度で数時間加熱処理することによって,基材表面に Crを析出させ拡散させるものである。そのほかにも,溶融塩法,電気メッキ法,スラリー法などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

クロマイジング

 鉄鋼の表面にクロムを拡散浸透させて薄いステンレス鋼の層を作って表面を腐食から守る方法.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のクロマイジングの言及

【拡散被覆】より

…処理の性質上,皮膜は素地金属と拡散する金属との合金となる。炭素鋼の表面に耐食性,耐摩耗性,耐熱性などを付与する目的で工業的に行われる拡散被覆としては,クロムを浸透させるクロマイジングchromizing,アルミニウムを浸透させるアルミナイジングaluminizing(登録商標としてはカロライジングcalorizingが有名),亜鉛を浸透させるシェラダイジングsheradizingがある。このほか,非金属であるケイ素を浸透させるシリコナイジングsiliconizingや,ホウ素を浸透させるボロナイジングboronizingなども実用化されている。…

※「クロマイジング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロマイジングの関連キーワード鉄鋼表面硬化法拡散浸透処理拡散被覆アルミナH2