コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロロギ酸エステル クロロギさんエステルchloroformic ester

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロロギ酸エステル
クロロギさんエステル
chloroformic ester

普通クロロギ酸エチル ClCOOC2H5 をさす。ホスゲンにエチルアルコールを作用させると生成する。刺激臭のある液体。エチルアルコール,エーテル,ベンゼンによく溶け,また水,アンモニア,希酸によって分解する。沸点 94~95℃。エトキシカルボニル誘導体をつくるのに有効な合成化学上の試薬。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android