コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンシラン(君子蘭) クンシランClivia nobilis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クンシラン(君子蘭)
クンシラン
Clivia nobilis

ヒガンバナ科の常緑多年草。南アフリカ原産であるが,観賞のために広く栽培されている。日本などの温帯では冬は温室に置く。葉は幅 3cm,長さ 40~50cmの革質で濃緑色。早春,葉の間から花柄を出して,赤橙色の花数個が散形につく。これに近い種にハナラン C. miniataがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クンシラン(君子蘭)【クンシラン】

南アフリカのケープ地方原産のヒガンバナ科の常緑多年草。葉間から出た40cm前後の花茎の頂部に6〜7月,20〜30輪の花を房状につける。花はやや下垂し,筒形で,赤だいだい色の花被片は正開しない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クンシラン【クンシラン(君子蘭) Clivia】

南アフリカ原産のヒガンバナ科の多年草。3種を含む小さな属であるが,そのうち一般にクンシランの名で呼ばれるウケザキクンシラン(一名オオバナクンシラン,またはハナラン)C.miniata Regel(英名Kaffir lily)(イラスト)が園芸的に重要な観賞植物となっている。クンシランの名は,最初はC.nobilis Lindl.に対する和名として使われたが,この種は一般には栽培されていない。ウケザキクンシランは葉が濃緑色で軟らかい革質で広線形,長さ40~60cmとなり常緑,2縦列に束生して茂る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クンシラン(君子蘭)の関連キーワード実生

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android