コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンシラン(君子蘭) クンシラン Clivia nobilis

3件 の用語解説(クンシラン(君子蘭)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クンシラン(君子蘭)
クンシラン
Clivia nobilis

ヒガンバナ科の常緑多年草南アフリカ原産であるが,観賞のために広く栽培されている。日本などの温帯では冬は温室に置く。葉は幅 3cm,長さ 40~50cmの革質で濃緑色。早春,葉の間から花柄を出して,赤橙色の花数個が散形につく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クンシラン(君子蘭)【クンシラン】

南アフリカのケープ地方原産のヒガンバナ科の常緑多年草。葉間から出た40cm前後の花茎の頂部に6〜7月,20〜30輪の花を房状につける。花はやや下垂し,筒形で,赤だいだい色の花被片は正開しない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クンシラン【クンシラン(君子蘭) Clivia】

南アフリカ原産のヒガンバナ科の多年草。3種を含む小さな属であるが,そのうち一般にクンシランの名で呼ばれるウケザキクンシラン(一名オオバナクンシラン,またはハナラン)C.miniata Regel(英名Kaffir lily)(イラスト)が園芸的に重要な観賞植物となっている。クンシランの名は,最初はC.nobilis Lindl.に対する和名として使われたが,この種は一般には栽培されていない。ウケザキクンシランは葉が濃緑色で軟らかい革質で広線形,長さ40~60cmとなり常緑,2縦列に束生して茂る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クンシラン(君子蘭)の関連キーワードアマリリスハナカタバミアフリカホウセンカクンショウギク玉簾君子蘭月下香サフラン擬ジャガタラ水仙アフリカキンセンカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone