コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンルン(崑崙)山脈 クンルンさんみゃくKunlun shanmai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クンルン(崑崙)山脈
クンルンさんみゃく
Kunlun shanmai

中国西部にある東西方向の大山系。チベット (西蔵) 高原の北部をなす多数の平行山脈から成る。西はパミール高原,東はスーチョワン (四川) 盆地に達し,長さは 2500kmで,およそ 50万 km2の範囲にわたる。最高峰は中央部のムズタグ (木孜塔格) 山 (7723m) で,ほかに西部のクングール (公格爾) 山 (7719m) ,ムズタグアタ (慕士塔格) 山 (7546m) などの高峰がある。東にいくにつれて高度を減じるが,平均標高は 5500~6000mに達し,ほぼ全域に氷河と万年雪がみられる。北方のタリム (塔里木) 盆地,ホーシー (河西) 回廊からは比高 3000~5000mでそそり立ち,山麓にシルクロードのオアシス地帯を涵養。チベット高原上では比高が小さく,傾斜はゆるやかである。東部では4列の山脈に分れる。北端はアルトゥン (阿爾金) 山脈-チーリエン (祁連) 山脈,第2列はチマンタグ (祁曼塔格) 山脈-ブルハンブッダ (布爾汗布達) 山脈-アムニェマチェン (阿尼瑪卿) 山脈,第3列はアルグ (阿爾格) 山脈-バインハル (巴顔喀拉) 山脈,第4列はフフシル (可可西里) 山脈。第2列が主脈で,チャン (長) 江とホワン (黄) 河の分水界をなす。山脈の間にはツァイダム (柴達木) 盆地,チンハイ (青海) 湖,ゴレン (鄂陵) 湖,キャレン (札陵) 湖などの盆地や湖,広い谷が開ける。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クンルン(崑崙)山脈の関連キーワードターシュクルガーン(塔什庫爾干)タジク(塔吉克)自治県シンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区アムニェマチェン(阿尼瑪卿)山脈バインハル(巴顔喀拉)山脈カシュガル(喀什噶爾)地区カシュガル(喀什噶爾)市ツァイダム(柴達木)盆地フフシル(可可西里)山脈チェルチェン(車爾臣)川アルトゥン(阿爾金)山脈ヤールカンド(葉爾羌)川チャンタン(羌塘)高原ムズタグ(木孜塔格)山チーリエン(祁連)山脈タリム(塔里木)盆地ホータン(和田)地区ケリヤ(克里雅)県ルトック(日土)県ホータン(和田)市チャルキリク県

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android