コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーシ Matti Kuusi

世界大百科事典 第2版の解説

クーシ【Matti Kuusi】

1914‐
フィンランドの民俗学者。1959年から77年までヘルシンキ大学でフィンランド民俗学,比較民俗学の教授。《カレワラ》の中核をなす歌謡群の研究で論争をまき起こして以来,フィンランド学派の方法を拡充,さらには構造分析の道に進み,国際的な業績を残している。その間,フィンランド文化基金,カレワラ協会,文学協会(S.K.S.)などの機関で要職を兼ね,多忙ななかで詞藻豊かなエッセイスト,鋭い筆鋒で文化政策をリードするコラムニストとしても国民的な支持を得てきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クーシの関連キーワードラム(Willis Eugene Lamb Jr.)ケリー(Ellsworth Kelly)イサム・ノグチ(1904―1988)フランシス・マーリオン クロフォードアブストラクシオン・クレアシオンアンドレ(Carl Andre)コンスタンティン ブランクーシラシド ヌルガリエフジャン イプステギィグッゲンハイム美術館タントー(当塗)県ティベスティ高原ティベスティ山地彫刻の森美術館ソ・フィン戦争イサム ノグチイサム=ノグチイサム・ノグチモディリアニヘップワース

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android