クーチュラー(読み)くーちゅらー(英語表記)Louis Couturat

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クーチュラー
くーちゅらー
Louis Couturat
(1868―1914)

フランスの哲学者、数学者。数学的論理学の重要性を説き、ラッセルの論理主義の先駆となった。エコール・ノルマル・シュペリュール(高等師範学校)に学ぶ。1899年までトゥールーズなどの大学で教壇に立つ。博士論文『数学的無限について』(1896)では、無限概念の存在を積極的に主張。また『ライプニッツの論理学』(1901)は、ライプニッツ哲学を記号論理学的な汎(はん)論理主義と規定し、その後の哲学史研究に大きな影響を与えた。晩年は合理主義の立場から、人工語エスペラントを改良した国際共通語イードIdoの普及、発展に献身した。[香川知晶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android