コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーチュラ Couturat, Louis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーチュラ
Couturat, Louis

[生]1868. パリ
[没]1914. リゾランジ
フランスの哲学者,論理学者。ツールーズとカンで哲学を教えた。数を大きさとし実無限を数の一般化とする無限論を『数学的無限』 De l'infini mathématique (1896) に展開。ライプニッツ研究では未完原稿を公刊し,『形而上学叙説』 La logique de Leibniz d'après des documents inédits (1901) の重要性を強調して新しい論理学的解釈を示した。晩年は人工国際言語「イド」の開発,普及に努力したが成果をあげることはできなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クーチュラの関連キーワード国際語

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android