コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツールーズ ツールーズToulouse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツールーズ
Toulouse

古代名トロサ Tolosa。フランス南部,オートガロンヌ県の県都。フランス南部における文化,工業,交通の中心地。ボルドーの南東約 210kmに位置する。市の起源は現在地よりやや南方の丘陵上のケルト人の要塞で,前 106年ローマに征服され,のち5世紀初めには西ゴートのガリア王国の首都となった。 508年クロービスの勝利によってフランク王国領となったが,広範な自治権を与えられていた。8~13世紀はツールーズ伯領。ラングドック地方の商業中心地として繁栄,特に 15世紀なかばからスペイン向けの顔料交易で商業的に黄金時代を迎えた。しかし 16~17世紀の宗教戦争,疫病流行で衰微したが,18世紀にはミディ運河,19世紀には鉄道の開通で商業都市として再発展した。 19世紀末~20世紀には工業の発展が著しく,現在は超音速機コンコルドの製作で世界的に知られるシュド・アビアシオン社があるほか,肥料,靴,製粉,製紙,たばこなどの工業が行われる。ばら色の煉瓦造の建物が多く独特の町並みを形成。トマス・アクィナスの墓,大学 (1229創立) ,博物館,美術館,美術学校のほか,ゴシック様式の聖エティエンヌ大聖堂 (12~13世紀) ,ロマネスク様式の聖セルナン聖堂 (11~13世紀) などがある。人口 43万9553(2008)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ツールーズ【Toulouse】

フランス南西部、ガロンヌ川上流東岸に位置する都市。大西洋へはガロンヌ運河、地中海へはミディ運河で結ばれている。航空機・製鉄・羊毛などの工業が発達。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツールーズ
つーるーず

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツールーズの関連キーワードジェーン・バプティスト サンドランヘンリー・ヴィクター ヴァロアフランス国立宇宙研究センターブランシュ・ド・カスティーユJ.F.ジェニー クラークライムンド[サブンデ]オロビオ・デ・カストロベルナール ウエルベルガブリエル ケイニグズフィリップ メクセスアルビジョア十字軍コルドシュルシエルサンセルナン教会ジャコバン修道院ベゾンラロメーヌアルフォンス1世スティルチェスカンピストロンシテドレスパスミディピレネー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツールーズの関連情報