コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グアダラハラ条約 グアダラハラじょうやく

1件 の用語解説(グアダラハラ条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グアダラハラ条約
グアダラハラじょうやく

正式には「契約運送人以外の者によって行われる国際航空運送についてのある規則を統一するためワルシャワ条約を補足する条約」。 1961年9月 18日メキシコグアダラハラで署名され,「グアダラハラ条約」と略称される。 1964年5月1日に発効しているが,日本は未加入である (2003現在) 。ワルシャワ条約 (→ワルシャワ国際航空運送条約 ) は航空運送人について定義をもたず,旅客,荷送人などの利用者と運送契約を結んだ者が,運送を第三者に委託した場合,契約を結んだ運送人 (契約運送人) と,運送を実際に行なった運送人 (実行運送人) とが利用者に対してどのような関係に立つかは明らかでない。このような法律関係は,チャーターあるいはインターチェンジなどの再運送の場合にみられるもので,グアダラハラ条約はチャーター運送または航空貨物運送取扱人による混載運送に関するワルシャワ条約の,この点の不備を埋めるものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone