コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グノーム Gnom[ドイツ]

世界大百科事典 第2版の解説

グノーム【Gnom[ドイツ]】

16世紀の錬金術師パラケルスス著《妖精の書》にある土の精霊。英語ではノームgnome。ギリシア語〈gē(大地)+nomos(住居)〉およびgnōsis(知識)にもとづく造語で,地中に住み金銀の在所を知っている醜い年寄りの小人として表される。鉱山業者の守護神にもなっており,鉱脈の在所をたたいて知らせると信じられているコーンウォールのノッカーknockerや,ウェールズのコブリナウcoblynauとも同一視される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グノームの関連キーワードアンリ・ファルマンIIIロータリーエンジンリューベツァールババジャニン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android