コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白雪姫 しらゆきひめ Schneewittchen

10件 の用語解説(白雪姫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白雪姫
しらゆきひめ
Schneewittchen

グリム兄弟の『子供と家庭の童話』に採録されたドイツ民話。継母に殺されそうになり,森の7人の小人に救われたシュネーウィットヘン,つまり白雪姫は結局毒りんごを食べて死ぬが,やがて王子の出現で蘇生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しらゆきひめ【白雪姫】

《原題、〈ドイツ〉Schneewittchenグリム童話の一。また、その主人公。雪のように白い王女の白雪姫は、彼女を殺そうとする継母から逃れて、七人の小人にかくまわれたところを、毒リンゴで殺されるが、王子の力でよみがえり、その妃となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

白雪姫【しらゆきひめ】

グリム童話に収められている昔話の中の王女。雪のように白く美しい白雪姫Schneewittchenは,継母(ままはは)の王妃にねたまれ2度殺されそうになるが,森の7人の小人に救われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白雪姫 しらゆきひめ

泉鏡花の戯曲「夜叉ケ池」の主人公。
越前(福井県)三国岳の麓にある夜叉ケ池の主の竜神。剣ケ峰の恋人のもとにいきたいが,鐘の封印のため池をはなれることができない。鐘をまもっていた百合が村人のため非業の死をとげ,夫の晃も定刻に鐘をつけなくなると,村全体を水の底にしずめ,恋人に会いにいく。戯曲は大正2年「演芸倶楽部」に発表。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

しらゆきひめ【白雪姫】

岐阜の日本酒。農薬や化学肥料を極力使用しないで作った特別栽培米を使用。純米大吟醸酒と吟醸酒がある。仕込み水揖斐川の伏流水。蔵元の「渡辺酒造醸」は明治35年(1902)創業。所在地は大垣市林町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

白雪姫

大分製紙が販売するトイレットペーパーの商品名。ダブル2枚重ね、12ロール入り。

白雪姫

日本のポピュラー音楽。歌はJ-POP女性ユニットFlower。2013年発売。作詞:Masato Odake、作曲:Hiroki Sagawa from Asiatic Orchestra (Vanir)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しらゆきひめ【白雪姫 Schneewittchen[ドイツ]】

グリム童話集》53番の題名。同じタイプの話は,ヨーロッパ全域,ロシアギリシアトルコなどに分布している。雪の上に落ちた3滴の血を見て,子のない女王が,雪のように白く,血のように赤く,黒檀の窓枠のように黒い子がほしいと願う。やがてそのとおり美しい娘が生まれるが,女王は死ぬ。後妻は娘の美しさをねたみ,狩人に娘を森で殺せと命じる。娘は危うく難をのがれ,山の小人の小屋にかくまわれる。鏡との会話でそれを知った継母は行商人に変装し,1度目はひもで,2度目は櫛で殺すが,小人が生き返らせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しらゆきひめ【白雪姫】

〔原題 ドイツ Schneewittchen〕 グリム童話の一。また、その主人公。雪のように色白で美しい姫は、彼女をねたんで殺そうとする継母から七人の小人によって守られるが、毒リンゴで殺される。そこに王子が来て姫をよみがえらせ、妃きさきにする。
〔Snow White and the Seven Dwarfs〕 アメリカ映画。ウォルト=ディズニー製作。1937年封切。グリム童話を題材にした、最初の長編アニメで、テクニカラー使用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白雪姫
しらゆきひめ
Sneewittchen

グリム童話集』(第53番)の話。子のない女王が冬に縫い物をしていて、指に針を刺し、血が3滴雪に落ちる。女王はそれを見て、雪のように白く、血のように赤く、黒檀(こくたん)の窓枠のように黒い(髪の)子がほしいと思う。やがてそのとおりの娘を生んで、女王は死ぬ。二度目の母は魔法の鏡を持ち、継子(ままこ)のほうが1000倍も美しいと聞き、狩人(かりゅうど)に命じて娘を森で殺させようとするが、狩人は娘を逃がす。娘は山の中の7人のこびとの小屋にかくまわれる。鏡によって娘の生存を知った継母が、行商人になりすまして、飾り紐(ひも)、毒の櫛(くし)、毒のリンゴで娘を殺す。ガラスの棺に入れられた娘の美しさに感動した王子が、もらい受けて運ぶうち、振動で娘ののどのリンゴがとれて、生き返り、2人は結婚する。部分的にはグリム兄弟がいくつかの話からつけ加えているが、この型の継子話はほとんど全ヨーロッパに分布している。[小澤俊夫]
『高橋健二訳『グリム童話全集3』(1976・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白雪姫の関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白雪姫の関連情報