コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グライゼン greisen

岩石学辞典の解説

グライゼン

花崗岩が初生的あるいは気成作用によって変質し,石英,雲母などを含むようになった岩石で,トパズや電気石が伴われることがある[Flett : 1909].長石は分解して残晶としてのみ存在することがある.この過程は花崗岩からの火成作用で放出された物質によるものでグライゼン化作用という.錫が伴われ長石がほとんどなくなった花崗岩に対する古いザクセン地方の鉱山用語である.昔のドイツではグライゼンのことをホルンベルク(hornberg)と呼んだ[Brückmann : 1778].ガラス質石英と雲母からなるグライゼンをハイアロミイクト(hyalomicte)という[Brongniart : 1813].グライゼン化した岩石には気成作用により形成された鉱物が多量に形成されているものが多く,錫石(cassiterite)の多いZwitter-gestein,トパズの多いトパズ岩(topazite),電気石の多い電気石岩(tourmalite)など,岩石としては特殊なために様々な名称が付けられている.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

グライゼンの関連キーワードザバリツキー石チンワルド雲母パイロクロア英雲化作用緑柱石

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android