コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラトコーフ

百科事典マイペディアの解説

グラトコーフ

ロシア(ソ連)の作家。出稼ぎ労働者の家に生まれ,ゴーリキーの影響下に文学の道に入り,国内戦後の復興期を描いた長編《セメント》(1925年)で注目された。晩年には自伝3部作《幼年時代の物語》《自由の民》《凶年》がある。
→関連項目ミュラー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グラトコーフ【Fyodor Vasil’evich Gladkov】

1883‐1958
ソ連邦の作家。エカテリノダル(現,クラスノダル)鉱山学校を卒業,教師をしながら小説を書きはじめ,革命運動にも参加していった。1906年に逮捕され,5年間の獄中生活を送った。革命と国内戦では赤軍に参加,20年《赤い黒海》紙の編集長をつとめ,翌21年からモスクワに移り文筆活動に専念する。初期の作品には見るべきものがなく,《セメント》(1925)で文名を確立した。国内戦で破壊された工場の復興のたたかいを描いたこの小説は,社会主義小説の典型であるが,芸術的には未熟なところが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

グラトコーフの関連キーワード6月21日

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android