グラーツ市歴史地区とエッゲンベルグ城(読み)グラーツしれきしちくとエッゲンベルグじょう

世界遺産詳解の解説

グラーツしれきしちくとエッゲンベルグじょう【グラーツ市歴史地区とエッゲンベルグ城】

1999年に登録、2010年に登録内容が変更されたオーストリアの世界遺産(文化遺産)。シュタイアーマルク州の州都であるグラーツ市は、オーストリアで人口第2の都市(約25万人)である。この町の起源は、神聖ローマ帝国の時代に設けられた砦で、町の名前はスラブ語の「小さな砦」を意味する「グラデツ」に由来する。中世には都市として栄え、1586年に創設されたグラーツ大学はヨハネス・ケプラーなどさまざまな学者が教壇に立ったことでも知られる。町並みはシュロスベルクの丘を囲うように広がっており、旧市街には中世からのゴシック様式、ルネサンス様式、バロック様式などの建造物が建ち並び、シュロスベルクの丘の頂から見下ろす旧市街の町並みは、赤茶色のレンガの屋根が連なる中世の町そのものである。歴史主義、ユーゲントシュティール(アールヌーボー)から現代建築まで、ヨーロッパを代表する主要な建築様式が融け合って、美しく落ち着いた古都のたたずまいを見せている。こうした建造物の保存状態がきわめて良好なことが評価され、世界遺産に登録された。また、2010年にエッゲンベルグ城が追加登録された。この城は大坂城と友好城郭提携を結んでいる。◇英名はCity of Graz‐Historic Centre and Schloss Eggenberg

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

百科事典マイペディアの解説

グラーツ市歴史地区とエッゲンベルグ城【グラーツしれきしちくとエッゲンベルグじょう】

グラーツ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android