コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリフュール Victor Griffuelhes

世界大百科事典 第2版の解説

グリフュール【Victor Griffuelhes】

1874‐1922
フランスの労働運動指導者。靴製造労働者として組合運動に参加,示威行動などの組織・指揮に手腕を発揮,頭角を現し,1899年全国皮革労連書記長,1902年労働総同盟(CGT)書記長に就任した。06年の8時間労働要求全国統一スト,08年の建築労連ストなどの大規模ストを指導したほか,アミアン憲章提案者の一人として,サンディカリスムの象徴的存在となった。労働総同盟は,その指導のもとに,土木,農林などの非熟練労働者および公務員の組織化を進めて発展し,また熟練工中心の職能別組合運動から,より大衆的な産業別組合運動への転換を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のグリフュールの言及

【サンディカリスム】より

…これは経営者側の結束強化に対抗すると同時に,増大する非熟練労働者の組織化を促進するための措置であったが,この再編は一面,サンディカリスムの基礎であった熟練工の小規模組合を消滅に向かわせるとともに,金属,土木建築,運輸などの大組織を出現させ,炭鉱,公務員などの総同盟加盟ともあいまって,かつて拒否した行政当局との交渉,政党との接触をしだいに不可避なものとし,総じて総同盟内部における革命派の地位を低下させることとなった。1901年以来総同盟書記長の座にあった革命派の総帥V.グリフュールは08年に引退し,09年以後その路線を引き継いだ書記長L.ジュオーはやがて14年,第1次世界大戦勃発に際して戦争遂行への協力を明確にして,サンディカリスムの衰退を促した。 大戦後,旧革命派は国家への協力を代償に労働条件の改善を図るジュオーら多数派,共産党との結合により革命を追求するモンムッソーG.Monmousseau,革命を志向しつつも政党への従属を拒否するP.モナトなどの諸傾向に分散し,おのおのが別個の中央組織を結成するにいたった。…

※「グリフュール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グリフュールの関連キーワードモナト

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android