グリュフィウス(英語表記)Gryphius, Andreas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリュフィウス
Gryphius, Andreas

[生]1616.10.2. シュレジエン,グロガウ
[没]1664.7.16. シュレジエン,グロガウ
ドイツの詩人,劇作家。ライデン大学で学び,フランス,イタリア旅行ののち,1647年帰郷。三十年戦争の苦難と不安のなかで,キリスト教的な悲劇相を題材に,毅然たる殉教者的節操を表現しようとした。また職人や農民を主人公とするすぐれた喜劇を残した。『ソネット集』 Sonette (1637,43) ,『オード集』 Oden (43,50,57) ,『エピグラム集』 Epigrammata (43,63) ,悲劇『レオ・アルメニウス』 Leo Armenius (50刊) ,『カロルス・ストゥアルドゥス』 Carolus Stuardus,『カルデニオとツェリンデ』 Cardenio und Celinde (ともに 57刊) ,喜劇『いとしいドルンローゼ』 Die geliebte Dornrose (61刊) ,シェークスピアの『夏の夜の夢』に取材した『ペーター・スクウェンツ』 Peter Squenz,『ホリビリクリブリファクス』 Horribilicribrifax (ともに 63刊) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android