グリーン(Shawn David Green)(読み)ぐりーん(英語表記)Shawn David Green

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリーン(Shawn David Green)
ぐりーん
Shawn David Green
(1972― )

アメリカのプロ野球選手(左投左打)。大リーグ(メジャー・リーグ)のトロント・ブルージェイズロサンゼルス・ドジャースアリゾナ・ダイヤモンドバックス、ニューヨーク・メッツで外野手、一塁手としてプレー。打撃に波があるものの、強力なパワーをもち、1998年から2001年まで4年連続20本塁打以上、20盗塁以上を記録した。

 11月10日、イリノイ州デスプレインズで生まれる。タスティン高から1991年、ドラフト1巡目(全体16番目)指名を受けてブルージェイズに入団、2年目の1993年には大リーグへデビューした。その後、1994年は打率3割4分4厘でマイナー・リーグのAAA級で首位打者となり、翌年からブルージェイズでレギュラー、右翼に定着、強肩で鳴らし、守備面で高い評価を受けた。1998年には、ホームラン35本、打点100、盗塁35をマークして、「30本30盗塁」を達成した。1999年にはホームラン42本、打点123で、打率は3割9厘と3割を超え、初のゴールドグラブ賞も受賞した。FAフリーエージェント)で2000年にドジャースに加入、01年は自己最多のホームラン49本と打点125を記録した。また2002年5月23日のミルウォーキー・ブリュワーズ戦では史上14人目の1試合ホームラン4本を含む19塁打の新記録を樹立、6月14日と15日のアナハイム・エンゼルス(現ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム)戦では大リーグタイ記録となる4打席連続ホームランの離れ技(わざ)も演じた。2004年オフに交換トレードでダイヤモンドバックスに移籍した。2005年は中軸打者としての活躍を期待されたが、ホームラン22本に終わり、06年8月にはパワーの衰えもあってニューヨーク・メッツにマイナー・リーグ投手との交換で移籍。打撃では目だつ活躍はできなかったが、堅い守備でチームのプレーオフ進出に貢献した。

[出村義和]

2007年以降

2007年は130試合に出場。130安打を放ち、通算2000本安打を達成した。しかし、打率こそ2割9分1厘で前年を上回ったものの、ホームランは10本、打点も46にとどまった。

 2007年までの通算成績は、出場試合1951、安打2003、打率2割8分3厘、本塁打328、打点1070。獲得したおもなタイトルは、ゴールドグラブ賞1回。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android