コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルガーニー Gurgānī, Fakhr al-Dīn As`ad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルガーニー
Gurgānī, Fakhr al-Dīn As`ad

ペルシア,11世紀のロマンス詩人。カスピ海南東岸グルガーン出身。セルジューク朝のイスファハン太守のすすめで,パルティア伝説に基づき,約 9000句から成るロマンス叙事詩『ビースとラーミーン』 Vīs o Rāmīn (1054頃) を作詩した。メルブの王の弟ラーミーンと,メディアの王妃の娘ビースとのロマンスで,『トリスタンとイズー』に似ており,13世紀初めにグルジア語に訳され,のちに英語,フランス語にも訳された。イスラム期前のペルシアから伝わるロマンスとして名高い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グルガーニー
ぐるがーにー
Fakhr al-Dn Gurgn
(?―1073ころ)

ペルシアの詩人。セルジューク朝初期に活躍したが、その生涯はほとんど不明。1054年、セルジューク朝のイスファハーン太守の勧めでロマンス叙事詩『ビースとラーミーン』を制作し捧(ささ)げたことで文学史上特筆される。これは約9000句からなり、メルブの王子とメディアの王女のロマンスを主題とし、イスラム期以前の中世ペルシア詩形式に拠(よ)った作品として知られる。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グルガーニーの関連キーワードトリスタンイズー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android