グレゴラス(英語表記)Grēgoras, Nikephōros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレゴラス
Grēgoras, Nikephōros

[生]1290頃.パフラゴニア
[没]1360
ビザンチンの歴史家,神学者。 14世紀のヘシカズムをめぐる神学論争に巻き込まれ,G.パラマスの敵対者となった。その後修道院にこもって古今の典籍をひもとき,多数の著作を残した。なかでも 1204~1359年の時代を扱った『ローマ史』 Rōmaikē historiaは 14世紀前半の激動期に関する最も貴重な史料とされている。また優れた天文学者,数学者でもあって,教皇グレゴリウス 13世以前に暦法の改革を提案している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android