グレゴリウス10世(読み)グレゴリウスじっせい(英語表記)Gregorius X

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレゴリウス10世
グレゴリウスじっせい
Gregorius X

[生]1210頃. ピアチェンツァ
[没]1276.1.10. アレッツォ
イタリア人教皇(在位 1271~76)。本名 Tedaldo Visconti。司祭ですらなかったが 3年の空位ののち教皇に選ばれた。1274年リヨン公会議で,空位を防止するために教皇選出のための全枢機卿会議を制定。ギリシア教会との合同,新たな十字軍派遣を提唱した。また神聖ローマ皇帝ルドルフ1世の選出を助け,大空位時代を終わらせた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android