コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレゴリウス10世 グレゴリウスじっせいGregorius X

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレゴリウス10世
グレゴリウスじっせい
Gregorius X

[生]1210頃. ピアチェンツァ
[没]1276.1.10. アレッツォ
イタリア人教皇(在位 1271~76)。本名 Tedaldo Visconti。司祭ですらなかったが 3年の空位ののち教皇に選ばれた。1274年リヨン公会議で,空位を防止するために教皇選出のための全枢機卿会議を制定。ギリシア教会との合同,新たな十字軍派遣を提唱した。また神聖ローマ皇帝ルドルフ1世の選出を助け,大空位時代を終わらせた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グレゴリウス10世の関連キーワードインノケンチウス5世ハドリアヌス5世ドゥランドゥスヨハネス21世マルコ・ポーロベール(布)コンクラーベ教皇選挙

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android