コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレスマン グレスマンGressman, Hugo

1件 の用語解説(グレスマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレスマン
Gressman, Hugo

[生]1877.3.21. メルン
[没]1927.4.6. シカゴ
ドイツの旧約聖書学者。ウェルハウゼンの弟子で宗教史学派の代表者の一人。キール大学で教え (1902~06) ,のちベルリン大学旧約聖書学教授 (07~27) ,同時にユダヤ研究所長 (24~27) 。『旧約学雑誌』 Zeitschrift für die alttestamentliche Wissenschaftの編集者。パレスチナに関する学問,考古学に精通。『モーセとその時代』 Moses und seine Zeit (13) では伝承批判をすすめ,宗教史,類型的研究,伝承史などの分野で新しい研究方法を示した。主著"Altorientalische Texte und Bilder" (09) ,"Die älteste Geschichtsschreibung und Prophetie Israels" (10) ,"Die Lade Jahves" (20) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グレスマンの関連キーワード菊池大麓杵屋六左衛門レヤード桐野利秋宮崎八郎オスロ大森貝塚既製服西南戦争大学南校

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone