グレビーシマウマ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレビーシマウマ
ぐれびーしまうま
Grevy's zebra
[学]Equus grevyi

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目ウマ科の動物。エチオピアなどアフリカ北東部の平原に分布する。野生ウマのなかで最大の種で、体高は1.4~1.6メートル。体の縞(しま)は細く数が多い。[祖谷勝紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グレビーシマウマの関連情報